ロゴ

主な機能

男の人と女の人

銀行のデータ受信

会計ソフトを利用することで、銀行口座の取引データを受診する事ができます。難しい操作は必要なく、ワンクリックでデータが受信できるのです。

二重計上を防止

銀行口座からの引き出しや振替取引、預入などの取引を自動でチェックできます。これにより、二重で取引を計上することが防止できるのです。

ルールを学習

仕訳計上の際に補正した内容を学習することができます。仕訳を学習し、提示することでデータ入力をサポートしてくれるのです。

取引データの保存

取引したデータは全て保存されるので、仕訳の際にとても役になります。仕訳から簡単に取引データを確認することもできるのです。

導入までの流れ

申し込み

まずは、サポート会社に会計ソフト導入の申し込みを行ないます。電話での連絡が便利でしょう。または、インターネットからも申込みが行なえます。

書類の説明

会計ソフト導入をサポートしている会社から、初期設定の流れや必要な書類についての説明が行なわれます。しっかりと説明を聞くようにしましょう。

書類を送る

初期設定に必要な書類を揃えたら、サポート会社に郵送します。基本的に支援会社が初期設定を行ってくれるので、とても便利です。

訪問指導

基本的に会計ソフトの初期設定が終わったら、専門のインストラクターによる指導を行ないます。操作方法などを教えてくれるでしょう。

マニュアルを作成

会計ソフトにデータ入力をするためのマニュアルを作成します。基本的に企業に合った入力マニュアルの作成を行なうでしょう。